魔法使いとご主人様:ミラー

幼馴染ミラー,遊戲玩下來真覺得他……好可憐啊!

 

wizard

  • 名稱:魔法使いとご主人様
  • 公司:QuinRose
  • 平台:PC
  • 發售:2005-09-02

系統和無配音是敗筆,讓人忍不住怨嘆可惜,但劇本很不錯的一款遊戲。光譜有代理中文版,日本並已出畫風不同、系統改掉、有語音加劇情的重製版。

很在意アリシア,她卻一點都不理會自己,兩人碰面時只是吵嘴,那不是他要的啊!非常努力,才能靠近她,很想被她肯定,又彆扭不肯承認。對アリシア又愛又恨,拿她一點辦法也沒有…………可憐的ミラー〈笑〉←喂

 

他的命運因她而悲慘地改變了。更慘的是,自己心甘情願……

為什麼他會愛上她!為什麼他的身分離她那樣遙遠!又為什麼,她總是不在乎他!很悲慘的他,整顆心被她奪走,讓自己無時無刻不念著她。

把幼時結婚誓言、約束的那一吻,牢牢記在心上,那樣認真看待的他,在知道兩人身分差距後,面對「見不到她」這件難以忍受的事實,花了多少心血、努力,好不容易才成為從者候選人,到魔法學校來,只為再見到她。

明明他是她的幼馴染!是他最早認識她的啊!為什麼她可以好像不記得和他有過約定似的,找上別人成為她的魔法使!為什麼她讓那隻龍走進她的生活!那樣接近她,大刺刺地流露出迷戀,環繞在她身邊……………叫他看了就有氣!更氣的是什麼也做不了,無能的自己!

明明那麼在意她、在意她還記不記得和自己的約定、在意她不看自己一眼、在意該死的其他男人!什麼從者候選人……她的從者只會有他,這是早就決定的!在他們約定那時!他已經不是以前那個毫無能力的小孩了,都已經來到這裡,說什麼也不會輕易放棄。這次,一定要……

他只是要她啊!要她正眼看他………還有愛他。

………

對於這麼可憐的幼馴染,實在無法不愛 XDDDDDDDDDD

情節也都很讚,非常喜歡他的劇情。像是女主角無預警強吻ミラー,吻完還不認帳XD、ミラー在刺客攻擊女主角時的反應和表現、無法忍耐的訴情……等等等,事件都讓人很喜歡啊。

但絕對不可不提的,就是從者結局了!太棒了,讓我不自覺整段都抄下來……看了就很開心,心情大好啊 ≧▽≦

結局,在女主角身邊,仍然敵視的セラス和ミラー,在セラス說了一句:

「あなたなんかが傍にいると、ご主人樣が穢れます」

ミラー便怒不擇言地對情敵放話。

「はっと?穢れるだと?」
「…笑わすなよ、おまえの主人樣はな…僕がとっくにいただいてる」

「おまえは知らないだろうが、僕は每夜のごとく、污していると。おまえのが主人樣は、每晚、実に綺麗ないい声で啼いてくれるぞ」

ミラー說了好大膽的話啊!

立刻被女主角痛毆XDDD〈對嘛,這種夫妻私密事不要在人前講出來啦! 〉,這對話明明就是18禁吧,我害羞的不敢翻啊〈天音:妳害羞?……噗〉

ミラー怒不擇言XD,即使已經是夫妻,那樣親密,但看著和自己一樣迷戀她的情敵在她的身邊晃來晃去,還是非常不爽!

〈女主角幹得好!把深情有用的セラス留在身邊好好愛護〈?〉,不但可以拿來讓ミラー吃點小醋增進夫妻情感,將來如果有了萬一,正好踢出去換個老公XD,不過ミラー應該不敢啦,他對女主角的迷戀也 非常人可及的XD〉

ミラー怒不擇言讓人發現他們夫妻倆每晚在幹嘛就算了,重點是女主角接下來的舉動,真是太、讚、了!

「ねえ、私の從者さん。さっきのって、本当なのかしら?」

「な…なんのことだ?分りかねるな…」

「あなたの主人は、実にいい声で啼いてくれる…そうね?」

「………っ!それは…」
「……。……怒ったのか?謝るよ、すまない、君を污辱した!」

「うふふふ…。珍しい、素直なのね。いいの、いいの、嬉しいのよ」
「あなたが悅んでくれるなら、どんな声だって出してあげる。…そんな私を、はしたないとは思わないでしょう?」

「プリンセス…」

〈ミラー臉紅〉
〈アリシア也臉紅〉

「君は、本当に魅力的な人だ…。声だけでなく、すべてに魅ろされるよ…」

「私の声で、興奮してくれるなんて嬉しいわ」
「でも、どちらかというと、私、あなたの啼き声のはうが好きなのよね」

「え…!?」

〈ミラー臉紅,汗〉

アリシア拐倒他,讓他跌到床上,壓倒XDD

あら、不思議
お誂え向きに、後ろには寢台が

很壞心地在心裡OS,這女主角XDDD,幹得好啊!

「うふふふふ、可愛い人…」

這………太好笑了,女主角太棒了!

「ええええ????」
「か、からかうなよ…!!!可愛いなんて、男に言う言葉じゃないだろ!」

「からかってなんていないわ。私は、本気でミラーが可愛いのだって、好きなんだもの。好きな人は、可愛く見えるものよ。私にとっては、ミラーは誰より可愛い」

女主角很會甜言蜜語嘛XD

「…………………」〈ミラー微笑〉

「可愛いなんて言われるのは心外だ。……君のほうが、可愛いよ」
「僕にとっては、いつだって、君が一番だ…。アリシア…」

〈アリシア小臉紅〉
〈アリシア微笑〉

「さあ、私の、可愛い可愛い魔法使いさん…、いい声で啼いて、ね?」

〈ミラー汗〉

「ちょっ…、プリンセス、アリシア?何言って…」
「うわ…、あ……」
「…………!?ど?觸って……」
「そ、そこは……って、本気か……?!やめろって………!」「やめ……………ん………」

〈畫面轉黑,ミラー抵抗失敗XD〉

太、讚、了 ≧▽≦

因為自家老公太可愛,不小心把他逼到床邊,開心的吃抹乾淨XDDD,最高!

所以說我要語音,我要十八禁場景嘛!果然,沒有這樣的女主角和可憐的幼馴染,是生不出這麼好吃的劇情的!ミラー今後也會開心地〈?〉飽受アリシア的折磨吧〈笑〉

發表迴響