水の旋律人物雜感:加々良愁一

愁一 >﹏<,很受女孩子歡迎、功課運動一把罩,還會彈一手好鋼琴的王子,其實是個慣用命令句、完全不做家事、上課喜歡打瞌睡,脾氣還很不好的王子(笑),不過很好玩。

 

wmelody1

  • 名稱:水の旋律
  • 公司:KID
  • 發售平台及日期:PS2、2005-09-29
  • 桐原拓哉   CV:子安武人
  • 桐原貴人   CV:井上和彦
  • 加々良愁一  CV:森田成一
  • 明月 圭   CV:遠近孝一
  • 手塚京輔   CV:谷山紀章
  • 新野憲吾   CV:鈴村健一
  • 片瀬哲生   CV:檜山修之
  • 設楽 優   CV:斎賀みつき

身為一謠現任族長的次子,對一謠與九艘間的鬥爭、歷史很清楚,卻厭惡那樣互相殘殺的命運,渴望和平沒紛爭的生活。從小就承諾了護衛圭,不讓繼承太刀的他需要殺戮、沾血,希望找出共處的辦法,對族內許多人對九艘的仇恨,甚至以狩獵九艘為樂感到無法理解。

這樣的他,和陽菜相遇了,有著九艘之血的少女。

本來就喜歡女孩子的愁一,面對著陽菜,那樣單純可愛卻又堅強……明明被捲入兩族間的仇恨,莫名其妙被狙擊,身體出現的異常變化 ,遇到那麼多可怕的事,卻還是這樣對他微笑著。

慢慢相處下來,覺得在一起很開心,雖然自己認為女孩子都很可愛,卻沒有像這樣滿腦子都想著那個少女的情形……越來越在意她。

「君の気になる人が誰かはわからないけど……」
「俺のことも、少しは見てくれてるのかな」「俺は結構、本気なんだけどね」

之後,看著不知道該相信誰而痛苦的陽菜。

「どうして君が、こんな風に苦しまなければならない?」
「なぜ、陽菜に割血した九艘は名乗り出てその責任を取ろうとしない!?」

很心疼陽菜,並對割血給她的人很憤怒。

隨著兩人感情發展,成了支撐彼此的力量,愁一的告白:

「陽菜……」
「君が好きだ……」「君の声も、君の心の音も、君の指先も……全てが愛しく思える」

「こうして、いつまで繫がっていたい」「俺を受け入れて欲しい……」
「ずっと俺の側にいるって、約束してくれ」
「俺も……絕対に離れないと、約束する」
「誰が反対しても、どんな障害があっても…俺は君の一番側にいて君を守る」

「誰にも渡さない。相手が九艘でも、一謠でも」

這段台詞最感到愁一的情感啊~~~~~~>/////<

而愁一和圭之間的情誼,比親兄弟更像兄弟一樣的了解對方,生活在一起,信賴很強,相處模式和對話也很有趣。兩人同時對陽菜有好感度時出現的事件也很棒 :

愁一:「……なあ、圭」
圭:「はい」
愁一:「白石が、二人いればよかったのにな」
圭:「え??」
愁一:「俺は、お前とだけは爭ったりしたくない」
圭:「大丈夫です、私は……」
愁一:「でも、嘘をつかれるのもイヤなんだ」
圭:「……」
愁一:「……なんて、な。メシにしよう。腹がへったよ」

圭:「……嘘、か…」

這樣無奈的感覺啊……兩人都是……

也很喜歡愁一,卻覺得他的劇情寫得不夠好,應該可以有更多發揮。最喜歡True ED,愁一那聲「陽菜、こちにおいて」的溫柔呼喚,親密兩人的CG。

發表迴響